【7/12までサマーセール中!】始めるなら今!ストリートファイター6を始めるために必要なものを解説

 

2023年6月の発売から1年経った今でも人気絶頂中の格闘ゲーム「ストリートファイター6 」。

今作からはコマンド入力が不要なモダン操作が追加され、今まで格闘ゲームをしてこなかった人でも始めやすくなっています。
有名実況者や配信者もたくさんプレイしており、大会やイベントでも毎回大盛り上がりで注目の今作。格闘ゲームを最初に始めるにはぴったりです。

今回はSF6を始めるために必要なもの、必要なPCのスペック、あったらいいものを紹介します。

7/12までsteamで半額セール実施中!
DLCも35%オフでとってもお得です!→こちらのリンクから

ストリートファイター6ってどんなゲーム?

SF6のプレイ画像. SFの人気キャラ「リュウ」と「春麗」が闘っている

「ストリートファイター6 (以下SF6)」とはCAPCOM社によって2023年に発売された格闘ゲームで、ストリートファイターシリーズの最新作です。
同シリーズの「ストリートファイター2」は社会現象になるほどのブームを引き起こし、eスポーツの先駆けとも言われました。

 

SF6 の特徴

格闘ゲームはeスポーツを代表するジャンルですが、格闘ゲーム特有の”コマンド入力“が初心者には難易度が高く、長い間新規参入者の獲得に失敗してきた歴史があります。

今作はワンボタンで必殺技がでたり、ボタン連打でコンボができたりする「モダン操作」を導入することで新規を大量に獲得しました。

また、PRに力を入れたことによりプレイ人口が急増しました。
世界大会の優勝賞金が100万ドル (約1億5,000万円) となり、格闘ゲーム大会の賞金の最高額となるなど、話題作りにも事欠きません。

賞金100万ドルのストリートファイター大会「CAPCOM CUP X」優勝者が決定

さらに、「CRCUP」や「ハイパーゲーム大会」などのイベントにも採用されており、プレイ人口は増加し続けています。

 

 

SF6で遊ぶのに必要なもの

 

現在SF6にはPC版・PS4版・PS5版・Xbox版・アーケード版があります。アーケード版はゲームセンターに筐体が設置されているので、昔のようにゲーセンへ行って100円入れるだけで遊ぶことができます。

ここからはアーケード版以外の家庭用でプレイするのに必要なものを解説します。

ゲーミングPC / PS5

SF6はPS4でも遊ぶことができますが、PS5かPCでプレイすることをお勧めします。
理由はPS4が古いハードなので、PCやPS5に比べて入力に遅延があったり、処理速度が遅くなるからです。

ゲーミングPCはゲームをするのに特化したPCだと思われがちですが、単純にハイスペックなPCでもあるので、現在パソコンを持っていない人は購入を検討してもいいかもしれません。一般的なパソコンではゲームが動かない場合があるので、ゲームの動作に必要なスペックのものを準備しましょう。

CAPCOMはSF6を快適に遊ぶために必要な動作環境を公表しています。(下図)

最近のゲーミングPCなら基本的に問題なく動きますが、古いPCを使っている人は念のために確認することを推奨します。公式リンク

CPU、GPU、ストレージが特に重要なのでそこの条件を満たしているかを確認しましょう。よくわからない人はとりあえず数値が大きい方がスペックが高いと思っても大丈夫です。必要動作環境の基準を満たせば基本的なオンライン対戦は動きますが、一人用モードや派手な演出、ムービーで処理が重くなることがあります。

SF6はクロスプレイに対応しているので、どのプラットフォームで遊んでも誰とでもいっしょにプレイできます。ランクマッチもPCとPS4でマッチすることもあります。

 

 

SF6のソフトを買おう

APEXのような基本プレイ無料のゲームとは違い、SF6を遊ぶためにはパッケージ版かダウンロード版を購入する必要があります。どちらを購入しても問題なく遊べますが、ダウンロード版はデータ容量に空きが必要で、パッケージ版はダウンロード版よりも容量を気にしなくてもいいですが、たくさんのソフトを購入するとパッケージがかさばってしまいます。

PC版はダウンロード版を購入するのが普通です。ゲーム配信プラットフォームであるSteamで配信しています。

また、ダウンロード版のSF6にはパッケージ版である「Standard Edition」に加えて、「Deluxe Edition」「Ultimate Edition」の3つのエディションがあります。

 

「Standard Edition」が最も安いですが、新規追加キャラ4体がいません。
「Deluxe Edition」は新規追加キャラが4体ついてきますが、コスチュームがついていません。
「Ultimate Edition」はキャラ・コスチュームともに揃っていますが、高額になります。

キャラやコスチュームなどは後から追加で購入することができるので、最初は「Standard Edition」か「Deluxe Edition」のどちらかを購入することをお勧めします。

※DLCのキャラやコスチュームなどは後で別個で購入することも可能です
また、コスチュームは通常のプレイでも取得可能です

SF6にぴったりのコントローラーは?

SF6を楽しむのに必要不可欠なものがコントローラーです。特にPCで遊ぶ場合はコントローラー選びに悩む場合もあると思います。

格闘ゲーム用のコントローラーについて詳しくはこちらの記事で解説しています。

格闘ゲームのコントローラーを徹底比較!
格闘ゲームのイベントとか配信を見て、いざ格ゲーを始めてみようを思ったら まず最初に悩むのがコントローラー選び コントローラーには大まかにPAD(ゲームパッド)、アケコンがありますが、最近ではキーボードでもプレイできる...

オススメのコントローラーは
①DualSense (PS5のコントローラー)
②DualShock4 (PS4のコントローラー)
③アーケードコントローラー 
④ゲーミングキーボード

の4つです。
格闘ゲームの初心者なら①か②をオススメします!


 


パッドと呼ばれるタイプのコントローラーで、一般的にイメージされるコントローラーといえばこの形状をしています。日本人にはよくなれたボタン配置なのでほかのゲームをやった方ならスムーズに操作できるはずです。
また、アケコンやキーボードと比較しても安価なのもうれしいところです。(それでも8,000円近くしますが……)

有名な海外プロの「Punk選手」や「MenaRD選手」もパッドでプレイして世界最高峰の実力ですので他のコントローラーと比べて不利になるということはないと思われます。

PS4やPS5でプレイする場合は本体付属のコントローラーをそのまま使用することができます。
PCでプレイする場合でもこれらのコントローラーは選択肢に入ります。

本格的にプレイするには③のアーケードコントローラー(通称アケコン)の購入も視野に入ります。
アケコンはゲームセンターの筐体のようなコントローラーで、昔ながらの操作感でゲームをすることができます。

格闘ゲームのトッププロプレイヤーの多くはアケコンを使用しています。

アケコンは6ボタンを搭載した格闘ゲームの操作に特化したコントローラーですが、高価なうえに格闘ゲーム以外に使用できないので初心者にはオススメしません。また、近年は有名プロゲーマーのウメハラ選手が使用を始めたのをきっかけに「レバーレス アーケードコントローラー」も普及しました。

これはウメハラ選手はじめ多くの日本プロプレイヤーが愛用している 「Hit Box」というレバーレスコントローラーです。レバーレスはアケコンのなかでも特にかさばるレバー部分をボタンに変更しているため、アケコンのなかでは薄く、持ち運びやすいという特徴があります。また、ボタン操作なのでコマンド入力のような難しい操作も安定してできる利点があります。
しかし、先ほども述べたように格闘ゲームに特化したコントローラーなので初心者はいきなり購入するのは十分検討したほうがいいかもしれません。
アケコンのメリット
・ゲーセンの筐体と同じ操作感でプレイできる
・格闘ゲームに特化したボタン配置
・自分好みのデザインにしたりカスタム性が高い
アケコンのデメリット
・高額なうえに格闘ゲーム以外に使用できない
・重く大きいため、持ち運びに向いていない
・レバーやボタン押下の音がうるさい
FPSなどをプレイしたことがある方は④のゲーミングキーボードを所有しているかもしれません。
PC版のSF6はゲーミングキーボードを使って操作することもできます。ボタン配置なども自由にカスタマイズでき、手ごろなアケコンとして使用できます。
キーボードなので格闘ゲーム以外にも用途があるところもうれしいところです。アケコンと比べるとボタンが小さいので押し間違える可能性はありますが、すでにキーボードを持っていてPCでSF6をプレイする場合、新しくコントローラーを購入しなくても遊ぶことができます。

SF6はアナログ入力なので、安価なオフィス用のキーボードでプレイすることもできますが、入力遅延や操作感が悪い場合があります。

 

オンライン環境を整える

ここまででSF6自体のゲームソフト、ソフトを動かすハード、コントローラーが準備できました!
これで家の中で友人や家族と一緒にプレイすることができます。
しかし、最近の対戦ゲームの戦場はオンラインプレイがメインです。このままでは遠くに住む友人と対戦したり、オンラインでランクマッチに参加することはできません。
これからはオンラインでSF6を遊ぶために必要なものを紹介します。

オンラインで遊ぶために必要なもの

CAPCOM IDに登録しよう

インターネットにつながる環境が必要ですが、まずその前にオンラインで遊ぶためにはCAPCOM IDの登録が必須です!

CAPCOM IDのページから登録し、プレイしている各種プラットフォームと連携しなければいけません。
https://cid.capcom.com/

メールアドレス、パスワード、ニックネーム、国籍、生年月日を入力することで登録することができます。

登録が完了すると、「PlayStation TMNetwork」「Xbox ネットワーク」「Steam」の中から自分がプレイしている環境を選択して紐づけることでオンラインに接続できるようになります。

インターネット環境を準備しよう

インターネット環境を整えればいよいよオンライン対戦が可能になります。

今すぐ始めましょう!……と言いたいところですが、ネット環境はしっかり準備したほうがいいかもしれません。

格闘ゲーム0.1秒レベルの操作や判断が求められます。そこでオンラインでのラグや遅延がひどいと対戦を楽しむことができません。
SF6のオンライン対戦は回線の強さでマッチングのフィルターを掛けることができるので、ラグや遅延がある場合は、オンラインに潜ってもなかなかマッチングしなかったり、マッチングしても快適な対戦ができなかったりします。

不安がある場合は次のようなサイトで回線のチェックが無料でできるので確認してみましょう。
https://www.speedtest.net/ja

オンラインでゲームができる目安としては、ダウンロード、アップロードともに最低50Mbps程度はほしいところ。100Mbpsあれば快適にプレイできます。
また、入力遅延(レイテンシ)はPingという数値を参照します。格闘ゲームにおいて最も重要な指標がこのPing値です。これはボタンを押してから認識されるまでの時間を表していて、単位はms(1,000分の1秒)を用います。
20 ms を下回っていれば快適にプレイできます。

赤丸で囲われた数値が入力遅延

オンラインの環境が悪いと、快適なプレイができないだけでなく、友人とオンライン対戦することも憚られたり、ランクマッチでなかなかマッチングしなかったり、回線を理由にブロックされたりします。次のチェックシートを参考にして可能な範囲でネット環境を整えてみてください。

1.回線速度のチェックをしてみましょう
2.極力有線で接続しましょう
3.無線接続でプレイする場合は電子レンジなどの家電との併用はやめましょう
一人暮らしでない場合などは有線接続は難しい場合がありますが、どれだけ回線速度が速くても無線接続は安定しないので極力有線で接続しましょう。
やむなく無線でプレイする場合、電子レンジを起動すると回線が混雑してラグが発生することがあるので、そのような環境でオンライン対戦することは控えましょう。

まとめ

今回はSF6を遊ぶために必要なものや準備をまとめてみました。今一番アツいeスポーツタイトルと言っても過言ではありません。

今回紹介したように自分に合ったソフト、ハード、コントローラーを選んで、友人や世界中のだれかと遊んでみましょう。
今はとてもたくさんの有名配信者がプレイしているので、もしかしたらオンラインでマッチングするかも…….!?

7/12までsteamで半額セール実施中!
DLCも35%オフでとってもお得です!→こちらのリンクから

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました